公園に行ってきました

育児サークルの遠足で、4歳の娘と隣市にある公園に行きました。
大きなすべり台や遊具がたくさんある公園で、娘が1歳くらいの時に連れて行ったことがありますが、随分久し振りでした。
1歳当時も、私とすべり台を滑って大喜びしたり、幼児用ブランコでものすごくはしゃいでいたので、きっと楽しんでくれると信じていたのですが…
身体の成長に伴って恐怖心とかも育ってしまったらしく、ずっと「怖い~、無理~」と言っていて、しまいには泣いていました。
前来たときは1人で延々遊んだ遊具も無理、付いて行ってあげても途中で足が止まってしまって無理、自分より小さい子が遊んでいるのを見ても無理。
早々に遊具で遊ぶのを諦めて砂遊びに移行しました… せっかくたくさん遊べるチャンスだったのに…
大きくなったらなった分だけ、できることも増えると思い込んでいたので、逆にできないことが増えたのは誤算で、びっくりです。
まあ、怖いもの知らずが過ぎても、色々と危ない目に遭いそうなので、このくらいでちょうどいいのかもしれません。

行き帰りのバスの車窓から見る景色はとても気に入ったようで、ずっと見ていました。
全く楽しくなかったわけではなかったようなので、一安心です。
エキサイトフレンズを超える今の出会い系サイトは?

二重にする方法(アイプチ、整形)

一重や奥二重の方にとっては綺麗なぱっちりした二重は憧れになります。全ての人が望みの通りの目に自然となっている訳ではありません。かといって諦める必要はありません。色んな化粧の方法や整形と言う手段で二重を作り出す事は可能です。化粧で二重にする方法で直ぐに思い付くのはアイプチを使う方法です。専用のノリを使ってへらの様な物でラインを作ります。ノリが乾くとそこに溝が出来、二重が完成します。アイシャドウを塗ったりする場合には先にアイシャドウを塗らないとノリの部分が他の部分と違う色になってしまいますのでやや練習が必要です。又、ノリの量が少なかったり強く目をこすったり、水を被る様な事があればノリの成分が剥がれて化粧直しが必要になります。こまめに鏡でチェックしなくてはいけません。アイプチよりも道具を使うのがメザイクです。粘着性のファイバーを張力で瞼の上にラインを作って二重のひだにする方法です。深く食い込ませる事で自然な二重を作りあげます。しかし、メザイクも簡単に出来るのではなく始めの内は練習しないと時間通りに化粧が終わりません。化粧で二重にするには練習や回数を踏む事が必要です。
化粧は落としてしまうと一重や奥二重に戻ってしまいます。お泊りをした翌日もすっぴんの状態で二重にしたいなら整形になってきます。整形と聞くと傷の事や出来あがり、料金や顔にメスを入れるという抵抗があるかもしれません。手術自体は日帰りで行う事が可能で1時間もあれば出来あがります。切開法や埋没法がありますが、切開法に関しては永久的に二重を保つ事が出来ます。美容整形に当たり保険は適応されませんが、長年の悩みが一つ解消されるとなると5万円~30万円と決して払えない金額ではありません。整形をすると長年の悩みから解消される代わりに結婚や出産を前に付き合っている人に打ち明ける必要があるか違った悩みが出ててきます。安易なその時の気持ちだけでなく未来の事も考えて行動を選択しなくてはいけません。